若返りや小顔を目指すなら

男性医師

持続期間は三カ月程度

顔痩せや若返り効果が高いボトックスは、副作用や痛みがほとんどないため、初心者でも受けやすい美容施術と言えます。メスで切ったり麻酔を使って鎮静をかけたりするような大きな手術ではなく、数分間、処置室で処置するだけで当日帰宅できることも大きな特徴です。初めてボトックスに挑戦する人は、その効果の持続性や次回いつ注射するべきかをあらかじめ確認しておくと安心できます。ボトックスの効果は数か月間持続すると言われていますが、その後、再び注射を打たないと元の状態に戻ってしまうことが知られています。初めてボトックスに挑戦する人は、その事実をよく知っておき、継続して注射できるように経済的にも準備しておくと安心です。注射当日は、何も問題がなければそのまま帰宅することが可能ですが、もし注射跡が気になるならば隠すための帽子やストールなどを持参しておくと良いでしょう。副作用はほとんど報告されていませんが、万が一、注射後に腫れたりむくんだりしたときは、すぐに担当医に相談することも大切です。また、注入した薬剤をむやみに広げないためにも、注射箇所を必要以上に触らないように注意することが重要です。ボトックス注射を打つと、シワやたるみが軽減されてフェイスラインがシャープになるため、若返り効果が高いと評判になっています。また、頬に張ったエラが小さくなるなど、顔全体が小さく見えることも特徴で、顔痩せや小顔効果を求める人にも人気となっています。個人差はありますが、ボトックスの効果は注射の二、三日後に現れる場合が多く、三カ月から四カ月間ほど持続し、その後、徐々に薄れてくるのが特徴です。そのため、ボトックスの効果を持続させるために、半年に一回程度の頻度で注射を打つ人が多いのが現実と言えます。注射する薬剤の量や箇所が重要になってくるため、施術を希望する人は実績があるクリニックでよく説明を受けてから注射することをおすすめします。クリニックにもよりますが、一回の注射毎に料金が発生するケースや、複数回の施術がセットになって料金が発生するケースなどがあります。顔の特徴をよく診てもらって、自分が注射するタイミングを見計らい、お得になるような施術プランを立てておくと大変便利です。